2011年08月29日

コブクロ、半年間休養

コブクロが28日、北海道・真駒内アイスアリーナで全国ツアー最終公演を行い、小渕健太郎(34)の「発声時頸(けい)部ジストニア」のため、休養に入ることを発表した。小渕は高音域の歌唱時に首回りの筋肉が硬直する症状で、約半年間の療養が必要と診断された。デビュー11年で初めての休養で、11月のファンフェスタなど今後、全ての音楽活動がキャンセルされる。 アンコールを終え、小渕は涙ぐみながら、6500人のファンに向けて休養を報告した。

 デビュー後11年間の感謝を込めるように、深々と10秒以上おじぎした2人。小渕は「少し前から声の調子が悪くて…、メンテナンスをしないといけなくなった」と明かすと「僕と黒田は、右と左の車輪で同じスピードできた。半年先までいろんなことを決めてきたけど、ちょっとだけ待ってほしい」と語りかけた。

 突然の発表に、会場からは「待ってるからね〜」の叫び声が飛び、女性ファンは涙を流し聞き入った。3時間を超える公演の最後には、2人だけで、春の出会いを連想させる「桜」を披露。ラストは声を絞り出すようにアカペラで歌い上げた。

 小渕は、昨年末から高音域を出す際に筋肉が硬直する声の不調を訴え、7月上旬、のどの専門医から「発声時頸部ジストニア」と診断を受けた。同月下旬、所属事務所社長の勧めで休養を即断。医師からは、約半年間の療養で改善される症状と診断された。

 コブクロにとって、黒田の低く太い歌声と対をなす小渕の高音は生命線。小渕はデビュー時から、のどを冷却するなどケアに努めており、入院はせず投薬治療で療養に入る。所属事務所の坂田美之助社長は「結成して13年、過密なスケジュールが続いた。休養が決まって、本人はショックだったようです」と話した。

 一方、黒田俊介(34)も、身長193センチの長身であることから持病の腰痛が悪化。小渕の不調によりボーカルの負担が増えたため、のどの疲労改善に努める。

 今後は一切の音楽活動を休止し、年末のNHK紅白歌合戦出場も6年連続でストップ。現在制作中で年内に予定していた新アルバムの発売は延期され、毎年恒例だった11月の和歌山でのファンフェスタは中止。

 コブクロは98年の結成以来、「蕾(つぼみ)」などのヒット曲を連発。黒田は「12年間、全力でやってきたので何の後悔もない」と充実の表情を見せると、小渕も「神様や、みんながくれた少しのお休み。少し待っててね」と呼びかけた。2人は日常生活に支障はなく今後、リハビリをしながら、公式ブログで経過報告などを発信していく。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222945974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。