2011年08月24日

紳助 芸能界引退…暴力団との親密交際発覚

島田紳助が23日夜、東京・新宿区の吉本興業本社で緊急記者会見を行い、この日をもって芸能界から引退することを発表した。05年6月から3年間にわたって、暴力団関係者との親密さをうかがわせるメールのやりとりを行っていたことが判明し、自ら社会的責任をとって引退を申し出たという。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの水谷暢宏社長らと同席した紳助は「自分の中ではセーフと思っていたが、芸能界のルールとしてはアウトだった」と涙を浮かべて語った。

島田紳助が芸能界引退会見 動画
 レギュラー6本を抱える平成の視聴率王が、黒い交際を理由に突然、芸能界を去ることとなった。

 午後10時から吉本東京本部で開かれた緊急会見には、報道陣300人が集結。紳助は、所属事務所の水谷社長、同社の顧問弁護士・原田裕氏と会見場に姿を見せた。冒頭、社長による経過説明を唇をかみながら聞いていたが、自らマイクを持つと、サバサバした表情で「きょうをもって芸能界を引退することにしました。もう守るべきことはありません。すべてを正直に話そうと思います」とあいさつした。

 引退を決断することになった暴力団関係者2人との交際は、8月中旬に外部からよしもと側に、携帯メールの存在を伝える情報がもたらされた。05年6月から2年間にわたるやりとりだった。同社は、有識者も含んだ調査に加え、紳助へヒアリングを行った。最終的には今月21日の深夜に紳助を東京本部に呼び出し、事実関係を確認したところ、交際の事実関係を認めた。紳助はその場で、芸能界引退を申し出て、23日午後に受理されたという。

 引退の決断については「自分があいまいな処分を行ったら、後輩への示しがつかない。自分で自分へ一番厳しい処罰を下した」と胸を張った。一方で、約40分の会見中、2人との交際は、10数年前に自らのトラブルを2人に解決してもらった恩義と説明。以降の交際について「その筋の交際がいけないのは知っていたが、人と人との付き合いをしていた。自分ではセーフと思ったが、芸能界のルールとは違っていた。ぼくのミステーク」と見解の相違を強調し、自身の正当化を主張し続けた。

 紳助は、テレビ番組での司会をほうふつさせるほど、自らの見解を流ちょうに説明したが、芸能界の仲間からの引き留めの声を語る際には、涙を流した。引退の意志を真っ先に報告したダウンタウンの松本人志(47)からは「漫才だけはやめないで下さい」と電話で懇願されたという。上地雄輔(32)は22日夜に紳助の自宅を訪れ、「父ちゃん、父ちゃん」とすがって泣いたという。紳助は「君たちの頑張りは見守っているよ」と語りかけたという。

 会見の最後には「切腹の介しゃくをしていただいてありがとうございました」と語り、将来に関しては「何も決めていない。世の中の役に立つことがしたい」と語った。これまで、週刊誌などに暴力団との交際を書かれたことには「うそばかり」と断言。「明日から一般人ですので、嘘を書いたら、訴訟が起こせます」と恨み節も口にした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。