2011年08月22日

徳光さん、史上最年長ゴール

日本テレビ「24時間テレビ34 愛は地球を救う」で番組史上最高齢のチャリティーマラソンランナーとなった徳光和夫アナウンサーが21日、東京都千代田区の日本武道館に無事ゴールした。過去最短の63・2キロを25時間30分で完走した。

24時間テレビ徳光和夫さんマラソンゴール動画
 午後8時44分、メーン司会の関ジャニ∞、堀北真希(22)らが待つ武道館のステージ上に両手を上げてゴール。駆けつけた島田紳助(55)とがっちり抱擁。足腰はふらふらだったが「千里の道も一歩から。やればできる。誰でもできる」としっかりした口調で話した。

 01年に急性心筋梗塞を患っており、妻の早苗さんは走ることに反対。ただ4月の正式決定後は食事などで体調管理をしっかりサポートした。ゴール後、同局の「行列のできる法律相談所」に生出演した徳光氏は「70歳までいってこんなに黄色い声援をもらったことはなかった」と照れ笑い。出演後は検査入院のため都内の病院へ直行した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。