2011年08月17日

安田聖愛、女優デビュー

2010年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した女優の安田聖愛(せいあ、15)が映画初出演することになった。二足歩行のロボットをモチーフにした「ロボジー」(矢口史靖監督、来年1月公開予定)で、主演の五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス、73)の孫娘役を演じる。

安田聖愛 動画
 芸能界入りする前から「スウィングガールズ」などで知られる矢口監督の大ファン。昨年10月のオーディションで役を射止め「女優デビューが矢口監督の作品なんて…鳥肌が立った」と今も夢心地だ。

 祖父に対して反抗的な孫娘、という設定。「私も小学6年の時に反抗期があったので、思い出しながら演じました」と初演技を振り返る。このほど行われた関係者向け試写では「顔を覆いたくなるほど恥ずかしかったけど、思ってるより演技ができてた。ボロボロではなかった」と自信ものぞかせた。矢口作品では同じホリプロの妻夫木聡が「ウォーターボーイズ」を機にブレーク。大先輩に追いつけ追い越せの意気込みだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220747481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。