2011年07月26日

ナイナイ岡村を「殺す」と脅迫

ナインティナインの岡村隆史の殺害を予告するメールを東京都港区役所に送った脅迫の疑いで、警視庁愛宕署は25日までに大阪府松原市の無職・田村唯和容疑者(28才)を逮捕した。容疑者はメールで「共演者や後輩芸人をいじめたりするので」などとし、岡村がフジテレビ系「FNS27時間テレビ」に生出演した23、24日の間に殺害することを予告したが、番組放送中に逮捕された。

ナイナイ岡村さん殺害予告、28歳男逮捕
 100キロマラソンを完走した相方の矢部浩之と涙ながらに抱擁する「FNS27時間テレビ」のフィナーレを、岡村は不安の中で迎えていた。

 愛宕署によると、田村容疑者は20日午後4時35分、自宅PCから港区役所の要望受け付けメールに「僕はナイナイの岡村がレギュラーメンバーの共演者や後輩芸人の悪口ばかり言うたり、いじめたりするので、23日と24日の2日間の間に殺します!! 以上!」との文面を送信した。所属事務所などではなく港区役所に送った理由については、逮捕後に「テレビ局が港区にあるから」と説明。実際、5つの民放キー局の本社は全て同区内に所在している。

 翌21日朝、区役所から連絡を受けて愛宕署が捜査を開始。メールアドレスのデータから田村容疑者の身元を割り出し、23日午後に松原市の容疑者宅を捜索。PCに残されたメールを発見、逮捕した。田村容疑者は「殺そうとは思わなかった」と供述している。田村容疑者は無職で、部屋に引きこもりテレビをチェックする生活を送っていた。

 一方、司会者として「FNS27時間テレビ」に出演した岡村は、放送前日の22日夜に所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」のマネジャーから“殺人予告”を伝えられた。驚き以上に、同番組に影響が出ることを心配していたという。事務所から連絡を受けたフジテレビは、岡村が一般客の前に出る場面を番組内に予定していたこともあり、警備を強化して対応。容疑者は放送開始から約4時間半後に逮捕され、番組終了後に知らされた岡村は安堵(あんど)の表情を見せたという。

 所属事務所は25日午後、マスコミ各社に「今回のような卑劣な行為が繰り返されないことを強く望んでおります」とファクスでコメントを寄せた。一両日中に、被害届を提出する予定だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216734128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。