2011年07月17日

三枝“六代桂文枝”襲名に談志猛反対

上方落語協会会長の桂三枝が68歳の誕生日を迎えた16日、都内で「六代桂文枝」の襲名発表会見を行った。69歳となる来年の誕生日に、正式に襲名。上方落語の大名跡だけに「文枝の名ではコケにくい」と、司会を務めるテレビ朝日「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)は襲名後も桂三枝の名前で続けることを表明。落語立川流家元の立川談志からは襲名に猛反対されたことも明かした。 文枝一門の定紋「結び柏」の紋付きはかまで登場した三枝は、硬い表情で深々と一礼。「文枝という名前はあまりにも大きい。三枝への愛着もあって悩みに悩みました。きょうで68歳。(襲名するなら)これがギリギリ」と決断。「平成の文枝を作り上げ(所属する)吉本興業、上方落語に恩返しをしたい」とあいさつした。

 桂を名乗る落語家をさかのぼると、すべて初代文枝にたどり着く大名跡。それだけに襲名後は、これまで以上に落語界からの視線も厳しくなる。「新婚さんいらっしゃい!」では、新婚夫婦の仰天エピソードを聞いて椅子から転げ落ちるリアクションが定番。「文枝の名前でこけるわけにはいかない。バラエティー番組には三枝で出演したい」と、2つの名前で活動する異例のプランも明かした。これまで220噺(ばなし)を生み出した創作落語も「今後も三枝の名前で作っていく」と宣言した。

 五代目は後継者のことは指示せず、05年3月に死去。それだけに当初、襲名は頭になかった。2年半ほど前から「直系が継いできた文枝を、ほかの一門に継がれたら申し訳が立たない」と悩み続けた。

 そんな中、1人だけ相談したのが談志。昨年、入院中の談志に面会すると「やめとけ。三枝を大きくしたんだから、このまま続けろ」と猛反対されたという。

 「そうします、と言ったのに、師匠を裏切ってしまった」と三枝。この時は目に涙が光った。今月12日に「文枝襲名」が報じられると、談志から「人生成り行き。三枝より文枝の方がよくなったのか。じゃあ仕方ない。勝手にしろ。三枝のばかやろうへ」とファクスが届いたことも明かした。

 「いまは何の迷いもなく、一点の曇りもなく襲名したいと思っている」。五代目夫人からは「がんばりや」とメールが届いた。襲名披露興行は1年後の7月16日、大阪のなんばグランド花月で開幕。約2年半かけて全国を回り、米ワシントンやブラジルでの海外公演も予定している。

 ≪女性書道家による書を披露≫会見では、襲名に向けた「六代桂文枝」の書が披露された。女性書道家・紫舟(ししゅう)さんの作品。親交のあった三枝が頼んだ。弟弟子の桂きん枝(60)、桂文珍(62)とともに、額縁を手に写真撮影に臨んだ三枝は「私をイメージして書いてくれました」。紫舟さんは、昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」のタイトル字も担当した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。