2011年06月12日

モナコのモンテカルロ・テレビ祭 渡辺謙が最優秀男優賞

モナコで開かれていた第51回モンテカルロ・テレビ祭で10日(日本時間11日)、昨年10月放送のドラマ「塀の中の中学校」がテレビフィルム部門の最優秀作品賞と、特別賞の「モナコ赤十字賞」を受賞した。同ドラマに出演した渡辺謙さんにも最優秀男優賞が贈られた。

渡辺謙さん
 ドラマは、刑務所の中にある義務教育機関に赴任した教師と生徒が、生きる意味と教育の大切さを体験する物語。

 また、中部日本放送のドキュメンタリー「笑ってさよなら〜四畳半下請け工場の日々〜」(昨年5月放送)が、ニュースドキュメンタリー部門で最優秀作品賞を受賞した。名古屋市の下請け工場が廃業するまでの半年間を追った。

 NHK総合で昨年11月に放送されたドラマ「心の糸」が、人間関係を描いた作品に贈られる特別賞「AMADE/ユネスコ賞」を受賞した。NHK名古屋放送局制作で、耳の聞こえない母とその息子の絆と愛情を描いた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209270550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。