2011年06月06日

AKB小嶋陽菜、悪女役で連ドラ決定

AKB48の小嶋陽菜が、7月期の新ドラマ『美男ですね』(毎週金曜 後10:00 TBS系)で、ごう慢で意地悪なトップアイドル役・NANAを演じることが6日、わかった。小嶋は清純派アイドルとして人気を得ながらも、主演の瀧本美織、玉森裕太、藤ヶ谷太輔(いずれもKis-My-Ft2)、八乙女光(Hey!Say!JUMP)らバンドグループをかき乱す、小悪魔的な悪女役に挑む。癖のある女性を演じるにあたり「メンバーに言ったら『ホントに出来るの?』ってすごい言われました」と、小嶋。普段は“表裏のないタイプ”と周囲に言われるそうだが、「見ている方が『うわぁ〜』って思うくらい意地悪な役が出来るように頑張りたいと思います」と、新境地への意気込みを語っている。 同作は2009年に韓国で社会現象を巻き起こした同タイトルのドラマを日本版でリメイク。原作は日本でもフジテレビ系で昨年7月に放送され、今年4月には早くも再放送となった注目作であり、現在活躍中の俳優で歌手のチャン・グンソクが一気にブレイクしたことでも知られている。双子の兄の替え玉として“男性”ロックバンドのボーカルに“妹”が抜擢され、メンバーでの共同生活がスタート。さまざまなトラブルが巻き起こるラブストーリーを展開する。

 小嶋は“みんなの妖精”と呼ばれる、清純派のトップアイドルとして登場。物語の主人公であるバンド“A.N.JELL”をめぐってスキャンダルを起こす、また双子の妹とメンバーの間に割り込んでいくなど、トラブルメーカーを演じる。実際の役柄と、自分自身との共通項を尋ねられた小嶋は「私はあんまりないと思うんですけど。メンバーにも、『いつも一緒だね』って言われます」とのこと。周囲のメンバーからの「ホントに出来るの?」という心配もうなずけるといったところ。

 ちなみに、小嶋自身も今まさにトップアイドルの座をかけた「第3回AKB48 選抜総選挙」の投票期間真っ最中。「あと数日なのでほんとに緊張するんですけど、やっぱり投票してくださった方のためにも、AKBって分かるような上位にいたいなと思います」とアピール。総選挙を終え、アイドルとしてまた1歩成長した“こじはる”の新たな魅力が、ドラマの現場で開花することになりそうだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。