2011年06月05日

鈴木杏 一肌脱いで、一皮むけた

鈴木杏が4日、ヒロインを務めた映画「軽蔑」の公開初日舞台あいさつを都内で行った。欲望のままに生きる男・カズ(高良健吾=23)と恋人の真知子(鈴木)の愛を描いた物語で、鈴木は劇中で大胆なヌードを初披露。「ベッドシーンを演じて、これまで背負ってたものをはがされた気がしました。気持ちがニュートラルになってちょっと強くなったと思います」。一肌脱いで、女優として一皮むけたことを実感している様子だった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207274845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。