2011年05月21日

松田翔太がゴールデン連ドラ初主演

松田翔太がゴールデンタイム(午後7〜10時)の連続ドラマに初主演することが20日、分かった。日本テレビ系で7月スタート(土曜・後9時、タイトル未定)で、児童相談所に勤める児童福祉司を演じる。

松田翔太
 ドラマに映画に引っ張りだこの松田が新境地を開拓する。クールな役を演じる印象が強い松田だが、今作はまったくの正反対。子供たちを救うはめになってしまう“スーパーヒーロー”役だ。

 ある日、任侠(にんきょう)集団の親分(高橋克実)と、松田演じる児童相談所勤務の青年の魂が入れ替わってしまう。苦手だった子供たちを救うハメになる親分。虐待や非行をテーマに幅広い年代の子供たちを相手にしていく。

 起用理由について、山本由緒プロデューサーは「とても個性が強く存在感のある役者さんなので、その個性を生かしたかった。普通の学園ものの単純な先生役ではもったいない。今までとまったく違う一面を見せたい、と思った」と説明。服装もさわやかなものになるという。

 クランクインを前に松田は「このようなお話をいただいて大変うれしく思っています。ゴールデン初主演という大役ですが、キャスト、スタッフの方々に支えられながら、この作品に挑みたいと思います。期待していて下さい」と意気込んでいる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。