2011年05月16日

佐藤浩市主演SPドラマの続編が連ドラ決定

佐藤浩市さん主演で14日に放送されたスペシャルドラマ『最後の晩餐〜刑事・遠野一行と7人の容疑者〜』(テレビ朝日系)の続編が、7月より連続ドラマ(タイトル未定)になることが15日、わかった。佐藤は刑事役から新たに警察学校の教官を演じ、ラストシーンで意味深に登場した三浦春馬が訓練生役で登場。池松壮亮も訓練生で出演する。佐藤と初共演の三浦は「自分の力を全部出し切ってぶつかりながら、佐藤浩市さんに一生懸命ついていきたいと思います」と意気込む。 刑事ドラマが人気を集める一方で、今まであまり描かれてこなかった警察学校が本作の舞台。脚本は『最後の―』からの続投となる人気脚本家・井上由美子が手がけ、連ドラ初の教師役となる佐藤が“組織のルールが大嫌い”な中年新米教官、三浦が“そつなく生きる”若き訓練生を熱演。二人がときにぶつかり合い、互いに成長していく人間ドラマを通して現代に生きる人々に“人と人とのつながり方”を問いかける。

 『最後の―』で警視庁捜査一課の刑事として事件解決に奔走した佐藤演じる遠野一行が“ある責任”から刑事の職を辞すその前に、警察学校への異動が決定。これまでルール無用といわんばかりの手段と執念の捜査で犯人逮捕に努めてきた自分が「人にモノを教えるなんて」と、誰よりも自身に“向いていない”とわかっていた中年新任教官・遠野を待っていたのは、公務員の安定、制服のかっこよさなどにミーハーな憧れを抱く“今ドキ”の若者たちだった。

 なかでも頭がよくスポーツ万能、異性にもモテモテで今まで器用に無難な苦労知らずの人生を送ってきた三浦演じる訓練生・宮田英二の生き様は、市民の安全や財産を守る警察官の資質からはかけ離れている。生徒を目の当たりにした遠野は次第に「警察官として通用するわけがない」と黙っていられなくなり、その結果、訓練生たちに真っ向からぶつかっていくこととなる。

 学校内のストーリーと平行して描かれるのは、前作の脚本でも魅力的だった作りこまれた“サスペンス要素”。刑事時代の未解決事件が遠野の愛妻までも巻き込み、やがて遠野を追い込んでいく。佐藤は「生徒との接し方や距離感など今までにない教師像にしたいと思っております」と意気込む一方で、「三浦春馬くんの世代の人たちは自分の人生や未来をよく考えている印象がありますが、三浦くん自身はどんな風に生きているのか。今回のドラマの撮影を通し、そこも知ることができれば」と今をときめく実力若手俳優にも興味津々といった様子だった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201327631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。