2011年05月08日

ディズニーランド「キャプテンEO」がレギュラー化

米スーパースターの故マイケル・ジャクソンが主演、ジョージ・ルーカスが製作総指揮、巨匠フランシス・コッポラが監督した東京ディズニーランドのアトラクション『キャプテンEO』をレギュラー化すると発表した。

キャプテンEO
 色彩を全く失った暗黒の星へとたどり着いたマイケル扮する“キャプテンEO”一行は、美しい色を取り戻すため、歌とダンスと彼らの持つ光の力を使って、暗黒の女王とその軍隊を相手に闘いを挑む――。

 2009年のマイケルさんの死をきっかけに昨年7月1日に約14年ぶりに復活導入した同施設。当初、1年間の期間限定としていたが「マイケル・ジャクソンさんの絶大な人気に加え、洗練されたパフォーマンスや完成度の高い映像技術、特殊効果などが、幅広いゲスト層からの支持を得られた」という。

 今回のレギュラーアトラクション化にともない、『ミクロアドベンチャー!』は運営を終了する。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。