2011年05月08日

松本人志監督第3弾は時代劇 二度と撮りたくない

ダウンタウンの松本人志が7日、大阪市内で開かれた最新監督映画「さや侍」(6月11日公開)の会見に、出演した板尾創路、子役の熊田聖亜とともに出席した。「大日本人」「シンボル」に続く第3作は、初の時代劇。「朝も早いし殺人的なスケジュール。時代劇は二度と撮りたくない」と振り返り、板尾も「かつらが大変で江戸時代の人間が嫌いになった」と続け、笑わせた。

映画『さや侍』予告編
 さやしか持たない武士・野見勘十郎としっかり者の娘・たえが挑む“30日間の戦い”を通して、親子の葛藤と絆を描く内容に、松本監督は「20代、30代でできなかった照れくさい正直な思いをストレートに表現できた」と自信。また、「たえは正直僕の中の理想の娘。ああいう娘になってくれたら」と、私生活でも1歳半の娘を持つ父の本音をのぞかせた。

 会見後は同作の完成披露試写会が開かれた、4日に開業したばかりの大阪ステーションシティシネマ初の舞台あいさつに登場。06年に自身の番組に出演した素人で、今作の主役に抜てきされた野見隆明(54)も参加したが、その緊張ぶりに「おっさん、上がりすぎやで!」とつっこんでいた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。