2011年03月07日

忍たま乱太郎 特殊メイクでもはや判別不能?平幹二朗&松方弘樹が実写版

大御所俳優・平幹二朗と松方弘樹が、国民的人気アニメの実写映画「忍たま乱太郎」に特殊メイクで出演していることがわかった。平は学園長大川平次渦正(おおかわへいじうずまさ)役、松方は稗田八方斎(ひえたはっぽうさい)役といういずれも物語の重要なキャラクターに扮する。

忍たま乱太郎 特殊メイクでもはや判別不能?平幹二朗&松方弘樹が実写版本作は、大人気子役の加藤清史郎をはじめ豪華俳優陣ら総勢80名のキャストと「ヤッターマン」(09)「十三人の刺客」(10)など幅広い作品を手がける三池崇史監督が贈るエンターテインメント大作。エリート忍者になるべく忍術学園に入学してきた"忍たま"たちが、200パーセントの元気と勇気と友情でスクリーンを縦横無尽に駆け巡る。

若い頃は天才忍者として活躍し、今は忍術学園の頼りになる学園長に扮する平は、劇中で激しいアクションシーンにも挑戦。「『十三人の刺客』ではほとんど役所広司さんと二人っきりのシーンだったので張りつめた空気の現場でしたが、今度の作品は、楽しい現場だった」と撮影を振り返り、「東映撮影所は昔からの馴染みの撮影所で、メーキャップした僕に誰も気付かないほどの変わりように皆が驚いてくれるのが楽しかった」と特殊メイクで自分の顔を見る度に吹き出していたことを明かした。その変貌ぶりは必見だ。

一方、松方演じる稗田八方斎は、敵忍者の首領ながらいつもヘマをする憎めないキャラクター。こちらも特殊メイクでキャラクターの特徴をとらえた大きな頭を見事に再現している。「やるなら思い切り、ガッツリとやってくれ!」と自ら申し出たそうで、3時間かけて完成したメイクに「これで松方弘樹とわかる人はいないだろう」と満足のいく出来だったよう。「昨年の『十三人の刺客』に続いての三池監督作品でしたが、前作が「人を斬って、血が出て」という映画だったので、今回は非常にほのぼのとした現場だった」と平と同様現場を楽しんだ様子。また、「清史郎くんは大河ドラマ(「天地人」)以来の共演だったけど、あの頃よりも風格というか、自信ができてきたというか、堂々としてましたよ。よぉっ!!!子ども店長!!!」と絶賛した。

実写版「忍たま乱太郎」は7月23日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー。

忍たま乱太郎 ドラマCD 体育委員会の段


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189336096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。