2010年08月27日

清志郎さん 24時間テレビで武道館に復活

昨年5月にがん性リンパ管症によって亡くなったロック歌手の忌野清志郎さん(享年58)の曲が、“聖地”日本武道館によみがえる。今月28、29日に放送される日本テレビ系「24時間テレビ33」で、メーンパーソナリティーのTOKIOが交流のあった清志郎さんの「デビュー40周年記念ミニライブ」を開催するもの。

 出会いは11年前の99年。清志郎さんは同局「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画で、松岡昌宏(33)長瀬智也(31)とバンド「ぴんく」を結成。清志郎さん作詞・作曲の「何度も夢の中でくり返すラブ・ソング」でインディーズデビューも果たした。

 「24時間テレビ」の舞台となる日本武道館は、清志郎さんが「RCサクセション」時代に81年から10年連続クリスマスライブを開催した場所。ソロとしても00年のデビュー30周年記念ライブ、08年の闘病からの完全復活ライブも行われた。

 その“聖地”で、11年前の感謝の思いを天国に伝えようと「何度も…」と名曲「雨あがりの夜空に」を披露。松岡は「(11年前)僕たちと同じ目線に立ってくれていろんなことを教えてくださった。向こうでも一緒に演奏してください」と話している。放送は29日午後3時30分ごろの予定。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。