2010年08月25日

桑田佳祐22日に退院

2日に食道がんの手術を受け、療養していたサザンオールスターズの桑田佳祐(54)が22日に退院していたことが24日、所属事務所アミューズから発表された。術後の回復が早く、がんの転移もなかったことから早期の退院となった。今後は療養の後、制作途中だったアルバムの収録から仕事を再開する予定で、桑田は「生まれ変わった体で、新生・桑田佳祐としてみなさまとお逢いできる機会が持てることを、今から楽しみにしております」とメッセージを寄せた。 トップアーティストらしい驚異の回復力で、早期の退院を実現させた。先月30日に都内の病院に入院し、今月2日に手術を受けたばかりだが、病院生活わずか24日間で無事に自宅に帰還した。

 桑田はこの日、ファンサイトで退院報告のメッセージを寄せた。「(手術で)腹腔鏡(ふくくうきょう)を使ったため傷もとても小さく、特別な栄養療法のおかげで痩(や)せることもありませんでした。そして、最終的な病理検査の結果、他に転移の様子も見受けられず、一昨日無事に退院することができました」

 食道手術のリスクとして、発声や声質の変化のほか、最悪は声が失われる可能性もあったが、「先生方の非常に細やかな御配慮と、非常に高度な技術のおかげで、声に関しても結果、何の影響も残さないという治療をしていただきました」。ほぼ理想的な結果に「一歌手としても、ただひたすらありがたく感動的です。本当に感謝の思いが尽きません」と喜んだ。

 今後はしばらく療養する予定。都心は記録的な猛暑が続いており、体力にも大きく影響することから避暑地で過ごすことも考えられるが、事務所関係者は「現時点では決まっていないが、可能性はゼロではない」という。十分な療養の後は、制作を中断していたアルバムのレコーディングから仕事を再開。桑田によると、7〜8割は完成しており、残り4曲の仕上げに入る。早期のアルバム発売を目指していく。

 「まだどのくらいの時期になるかは分かりませんが、その後には、生まれ変わった体で、新生・桑田佳祐として皆様とお逢いできる機会が持てることを、今から楽しみにしております」。がんとの闘いに勝利を収めた桑田が再びステージに立つ日も近そうだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。